2010年06月15日

雑記帳 迷子のカルガモ親子を救出 京都・西本願寺(毎日新聞)

 京都市下京区の西本願寺で11日、カルガモの親子が、深さ約2メートルの空堀に迷い込んでいるのを警備員が発見。子供10羽は飛べないため、通報を受けた市職員が助けた。

 ◇親子は堀の一角のくぼみ(縦3メートル、横1.5メートル)で泳ぎ始めたが、子供たちははい上がれずにピヨピヨ鳴くばかり。通行人らがやきもきしながら救出劇を見守った。

 結局、親子ともどもけがはなく、境内の庭園へ移動。同寺では、浄土真宗本願寺派本山として門徒たちが仏の道を学ぶだけに、職員らは「もう道に迷わないで」と見送っていた。【熊谷豪】

【関連ニュース】
まちかど:そろって大きくな~れ 川口の噴水池にカルガモ親子 /埼玉
カルガモ:親子、スイスイ 親子連れに人気--金沢南運動公園 /石川
カルガモ:おかあさ~ん待って! ひな9羽を初確認--米子水鳥公園 /鳥取
カルガモ:愛らしい姿 羽曳野の水路に親子7羽 /大阪
カルガモ:瑞穂・残堀川で親子の姿確認 /東京

生物学的製剤の登場で診療満足度や精神健康度が向上(医療介護CBニュース)
【神戸スイーツ年代記(クロニクル)】アンテノール 比屋根毅 72歳(産経新聞)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)
<傷害容疑>16歳従業員殴って重体に 経営者を逮捕 愛知(毎日新聞)
帰国後初の習作小説か=遠藤周作文学館で公開中の草稿(時事通信)
posted by ノガワ ケンイチ at 21:58| Comment(8) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

<老朽水道管>大阪29%…全国平均の5倍 事故も相次ぐ(毎日新聞)

 大阪市の上水道管総延長5192キロのうち、29%にあたる約1500キロが耐用年数(40年)を過ぎていることが、市水道局への取材で分かった。大阪市は全国平均の6%を約5倍も上回っている。同市では115年前から水道事業を始めているという事情もあるが、老朽化した水道管の更新は財政難からあまり進まないのが現状だ。全国でも更新は年間で総延長の1%しか進んでおらず、各地で漏水事故が相次いでいる。

 大阪市では水道管の更新は年間平均60キロのペースで進めているが、既に耐用年数を過ぎている配水管の更新だけで25年はかかる計算だ。担当者は「事故が起きないよう地盤が緩い場所などにある管を優先的に更新している」と話している。8%の堺市では今年度約29キロ分の老朽管を更新する予定で、更新にかかる予算は24億4600万円にのぼる。神戸市では6%、京都市は13%が老朽化している。

 一方、全国では上水道管の総延長61万キロのうち、耐用年数を過ぎた管は6%超の約3万8000キロ。70年代に集中整備されたため今後一斉に更新期を迎え、10年後に2割、20年後には4割を超える見通しだ。

 老朽化が原因とみられる漏水事故も目立つ。大阪市では01年、中央区で1922年敷設の水道管から大量の水がわき出し、道が冠水。05年には阿倍野区でも70年以上前に埋設した水道管が破裂、周辺の約1500戸が断水した。

 長崎県佐世保市では昨年11月、用水路から水が噴き上がり、断水は周辺約1500世帯にのぼった。用水路下に敷設された直径25センチの管に約10センチの亀裂が見つかった。厚生労働省によると、被害が100世帯を超える漏水事故は08年度までの3年間に全国で少なくとも年間14~19件起きた。老朽化で家庭などに届くまでに管から漏れる水量は年間供給量の7%にあたる11億トンに上る。

 水道事業は市町村などの事業者が住民からの使用料金で運営している。しかし、水需要の伸びは期待できず、経営環境は極めて厳しい。水道事業者でつくる日本水道協会は「財政事情が厳しいのに、地方の首長の中には、選挙などの際に使用料の引き下げを訴える人もいる。事業効率化は大前提だが、住民も負担の在り方を真剣に考える必要がある」と訴えている。【小林慎、佐々木洋、山田英之】

【関連ニュース】
水道管:3万8000キロが耐用年数超え 更新進まず
川崎・中原区の配水管漏水:委託業者の機器設定怠りが原因--市上下水道局 /神奈川

親指立てたポーズ 鳩山首相の真意は…(産経新聞)
宮崎・都城に飛び火か=牛に口蹄疫症状、殺処分(時事通信)
<鳩山内閣>総辞職 各閣僚から無念の声や反省の弁相次ぐ(毎日新聞)
<訃報>伊藤久雄さん85歳=小沢一郎後援会連合会長(毎日新聞)
元教官、2審も実刑=少年院の収容者暴行―広島高裁(時事通信)
posted by ノガワ ケンイチ at 01:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

原口総務相も菅氏支持 長妻厚労相は小沢氏排除に言及(産経新聞)

 原口一博総務相は4日午前の閣議後の記者会見で、民主党代表選では菅直人副総理・財務相を支持する意向を表明した。

 長妻昭厚生労働相も同日の閣議後会見で、「これまでの活躍ぶりや経験から菅直人氏に投票しようと考えている」と述べ、菅氏支持を表明。「幹事長が首相ともども身を引いた。今後はこれまでの体制を改善していくことが必要だ」と述べ、小沢一郎幹事長は影響力を行使すべきではないとの考えを示した。

【関連記事】
菅氏「首相から(引き継ぎの)メモをいただいた」
海外メディアが菅氏を紹介 「率直な物言い」「官僚と対決」「イラ菅」
「いちいち目くじら立てられない」 山岡氏、菅氏の小沢はずし発言に
菅氏、早くも“上から目線”!? 「小沢さん静かにしていて」
圧倒的な“数の力”誇示 代表選に向け「小沢グループ」暗躍

口蹄疫 特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く(毎日新聞)
<傷害>帰宅途中の女性、自転車の男に腕切られる 愛知(毎日新聞)
菅首相誕生へ 東京選出首相は鳩山一郎氏以来(産経新聞)
山田宏氏、東京選挙区から出馬へ 参院選(産経新聞)
シー・シェパード 元船長、活動「引退」示唆 地裁公判(毎日新聞)
posted by ノガワ ケンイチ at 11:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。