2010年05月28日

両陛下、パラリンピック選手招きお茶会(産経新聞)

 天皇、皇后両陛下は27日、皇居・宮殿にバンクーバー冬季パラリンピックの入賞選手らを招き茶会を催された。メダリストや競技団体関係者ら計38人が出席した。

 陛下はお言葉で「みなさんは障害をもち、さまざまな困難を乗り越え、努力を重ね、ひとつの大きな目標を達成されました。この経験をいかし、将来に向かって力強く歩まれるよう期待しております」と述べられた。日本選手団の主将を務め、ノルディックスキーの2種目で金メダルを獲得した新田佳浩選手は「(陛下から)家族にいい報告ができてよかったですねと言われました」と話していた。

【関連記事】
「ポケモンの化け物」マスコット酷評 ロンドン五輪
パラ五輪金メダリストの河合氏、参院選“台風の目”の可能性
「片翼チャンピオン」著者・平山譲さん 逆境に立ち向かう人々の姿を記録
みんなの党、河合氏に出馬要請 パラリンピック3連続金
埼玉県のパラリンピックメダリストにスポーツ功労賞

<詐欺容疑>アリコ流出情報を悪用 警視庁、男女逮捕へ(毎日新聞)
<裁判員制度>会見へ協力求める 新聞協会が文書公表(毎日新聞)
<谷内六郎さん>横須賀市に寄贈の表紙絵、遺族が返却求める(毎日新聞)
<社民党>普天間移設の政府対処方針に反対 閣議署名も拒否(毎日新聞)
社民、連立残留へ…政権内で「県内反対」主張(読売新聞)
posted by ノガワ ケンイチ at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

<もんじゅ>ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動(毎日新聞)

 日本原子力研究開発機構は8日、試験運転中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)の原子炉建物(管理区域)で同日午後4時45分ごろ、原子炉を冷やす1次系ナトリウムの温度が一時的に上限値を超え警報が作動したと発表した。警報は午後5時1分に解除し、周辺の環境や試験継続に影響はなかったという。

 温度が上昇したのは、原子炉を止めて点検する際に原子炉を冷やす1次メンテナンス冷却系配管。ナトリウムは220〜230度の間に制御しているが、上限値の250度を超えると警報が鳴る。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:冷却系配管で高温警報
もんじゅ:5月6日運転再開を発表

堂々と立つ「一本桜」満開=岩手・雫石町〔地域〕(時事通信)
長野の小学生が伝統工芸に挑戦(産経新聞)
<谷亮子>参院選出馬 「二足のわらじ」に危惧も(毎日新聞)
生きていた鳩山首相に強い味方が登場(産経新聞)
<雑記帳>「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)
posted by ノガワ ケンイチ at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。