2010年04月06日

ヤギ 左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)

 3日午前8時ごろ、千葉市若葉区の動物飼育場で、シバヤギ「アトム」(雄、8歳)が左右の角2本を折られ血だらけでうずくまっているのを、飼育するNPO法人「都川の環境を考える会」の武部功理事長(65)が見つけ、110番した。県警千葉東署は器物損壊容疑で調べる方針。

 武部理事長によると、2日午後6時ごろ飼育小屋に入れて帰宅、翌朝エサやりに来ると、ヤギが小屋の中でうずくまり、2メートル四方の血だまりができていたという。広場は高さ1メートルの柵で囲われているが、小屋や柵に鍵は設けていなかった。角2本は見つかっていない。

 治療に当たる市動物公園飼育課によると、ヤギの角は成人男性が1人で折ろうとしても簡単には折れないという。ヤギは昨年7月、同公園から譲り受けた2頭のうちの1頭で、近所の人気者。武部理事長は「動物公園でアトムと面会したが震えており、人間におびえているようだ」と憤っていた。【斎藤有香】

【関連ニュース】
<かわいいヤギの写真がいっぱい>「うしか」と思えば「やぎよ」? 千葉の牧場で白黒ヤギが人気
<写真特集>毎日動物園 ヤギの赤ちゃんの写真も
<ヤギと人と>食の風景:ヤギ乳、うメェ〜
<動物受難>奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷http://mainichi.jp/s
<動物受難>事故死した動物はどこへ? 市町村が焼却処理

テロ、断じて許さない=平野官房長官(時事通信)
私立中学にも独自助成へ=全国初、高校無償化受け同額−鳥取知事(時事通信)
<上関原発>島民らの妨害を禁止 山口地裁支部(毎日新聞)
ドライブレコーダー 全都営バスに導入へ(産経新聞)
大イチョウ芽吹く、残った根元から…鶴岡八幡宮(読売新聞)
posted by ノガワ ケンイチ at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。